札幌市東区 田中歯科・矯正歯科クリニックの診療内容

【診療科目】
歯科・小児歯科・矯正歯科

【診療内容】
予防歯科・審美歯科・ホワイトニング・義歯・歯周病・床矯正・マウスピース矯正・かみ合わせ・レーザー治療・スリープスプリント

 

歯科 

P1060746.JPG

 

歯科とは、虫歯と、歯槽膿漏の治療、歯の欠損部を補う事などを主とする歯科治療のことをいいます。

これは、歯科がもともとメインとして行っている内容ですが、小児歯科、矯正科、口腔外科など新しく標榜科がうまれたため、これらと区別する意味で用いられます。当院ではレントゲン撮影や各種検査を必要に応じて行い、歯の健康状態や治療方針をカウンセリングし、十分理解していただいた上で治療する事を心がけています。

基本的に希望される部位により治療を行います。 治療計画を立て、なるべくご希望に沿うような方法を提示させていただき、治療を進めます。保険治療を基本としていますが、ご自分の状態にあった、より高度な治療方法・材質など自由診療をお望みの場合は、ご相談に応じます。

十分に納得していただいた上で治療をはじめて行きます。また、治療が始まった後でも何か疑問点や不安な事がありましたら、いつでもご相談下さい。

 

小児歯科

a0780_000312.jpg

 

子どもの歯、可愛いけれど親にとってはとっても心配。むし歯になったらどうしよう。歯並びも大丈夫かしら? 心配だらけのお子さんの歯。どうしたら守ってあげられるでしょう。
そんなお母さん方の素朴な疑問にもていねいに答え、歯と口を中心にお子さんの成長発育をお母さんと一緒に細かく考え誘導・管理していくのが小児歯科の本来の役割です。
当院では保護者と協力して、お子様が成長する過程において、虫歯のない健康な歯、健康なお口でいられるように、お子さんのお口の健康管理をしてまいります。

 

矯正治療

3420.jpg

 

歯並び、口もと、顔のかたちを整え、上下のかみ合わせを、良くする事を、目的にしています。かみ合わせが悪いと、次のような障害が現れることがあります。
1.よく噛めない。
2.正しい発音ができない。
3.虫歯や歯ぐきの病気になりやすい。
4.あごの関節に無理がかかる。
5.心理的影響。
主な不正咬合には、
1.叢生(乱ぐい歯、八重歯、凹凸不正) 2.開咬(上下の歯がかみ合わない)3.下顎前突(受け口) 4.上顎前突(出っ歯)などがあります。

 

歯周病

.JPG

 

歯周病は日本人の80%以上がかかっていると言われています。初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、以下のような自覚症状が出たときには既に歯周病がかなり進行している事が多いのです。症状が進行すれば、最悪、抜歯しなければならないこともあります。予防と早期の治療が大切です。

 

義歯(入れ歯)

xd.jpg

 

保険適用の義歯をはじめ、金属床義歯、バネのない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)など幅広く取り扱っております。義歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。

 

顎関節症 

19087.jpg

顎関節症の発症原因の説明には、多因子説が採られており生活上の問題が症状の発現、憎悪に寄与していることが指摘されています。さて、顎関節症にたいして、スプリント療法は、最も頻繁に利用されている治療法の一つと言えます。全てに有効というわけではないが、70~90%に有効のようです。

その作用機序は、1.咬合と顎関節の関係の軽減  2.顎関節への負担軽減  3.咬合干渉の排除  4.過度の咬耗の防止 4.筋の過緊張を解くなどです。スプリントを夜間、装着し、最初の1~2週間で効果が現れ始め、3か月ほど使用して効果を確認するもので、効果が認められない場合は、同一装置を長期間続けることは、避けなければならないものです。

 

予防歯科

P1060738.JPG

むし歯や歯周病などの病気にならないように「フッ素塗布」や「歯面清掃」「ブラッシング」「歯石除去」などの処置を行うことを「予防歯科」といいます。病気の予防以外にも、病気の進行に応じた処置を含め、病気の各段階から健康レベルに戻すためのすべての行為のことです。

むし歯などの予防には、メンテナンスや正しいブラッシングが大切で、正しいブラッシング方法の自己管理(セルフケア)能力を高めることと、専門家の歯石除去も合わせて定期管理(プロフェッショナルケア)を行うことが重要になります。予防歯科の中の一つの方法として「PMTC」があります。

 

睡眠時無呼吸症候群の治療(スリープスプリント)

20090630_767911.jpg

眠っている間に呼吸が止まってしまう病気です。ノドが何らかの理由で塞がってしまう状態で、 単純ないびきでなく、不規則でしばしばいびきが止まるのが特徴です。睡眠が浅くなり昼間の眠気が生じたり、心血管系に影響が及ぶことがあります。いびきは無呼吸の前兆と言われています。しかしこの症候群はいびき以外には自覚症状が出にくい病気です。

2006年より口腔内マウスピース(スリープスプリント)が、耳鼻科や内科の診断書、歯科への依頼書があれば保険適用になりました。

 

レーザー治療

P1020668.JPG

効能・効果
1.軟組織疾患の鎮痛、消炎・・歯周病、口内炎
2.知覚過敏症の緩和
3.齲蝕の殺菌、消毒
4.軟組織の止血、切開
5.メラニン色素の除去
6.齲蝕予防
7.顎関節痛の疼痛緩和
8.創傷治癒の促進
9.抜歯窩の鎮痛、消炎

 

ホワイトニング

clean.jpg

ホワイトニングとは、加齢、生活習慣、遺伝などが原因で黄ばんだ歯を、お薬の力で白く漂白する方法です。歯みがきや歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の着色をきれいにし、歯を白くすることができます。

ホワイトニングには3種類の方法があります。

①オフィスホワイトニング・・・料金:8,000円(二回目以降 4,000円)
歯科医院にて薬液の歯面塗布、可視光線照射により歯を白くする方法です。

②ホームホワイトニング・・・ 料金:8,000円(二回目以降 4,000円)
歯科医院で作成したマウスピースの中に薬液を入れ、ご自宅で一日数時間装着して歯を白くする方法です。

③デュアルホワイトニング・・・①と②を同時に進行させ、より効果を引き出す方法です。
※治療期間や回数には個人差があります。

白い歯で素敵な笑顔を! ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。