札幌市東区 田中歯科・矯正歯科クリニックの歯科のご案内

虫歯治療

ムシ歯はお口の中の細菌によって歯に穴ができる病気で、自然には治りません。痛みがなくても、早めに治療しておきましょう。虫歯が小さい場合にはその虫歯の部分のみを削り取り、詰め物(インレー)を詰めるだけで治療を終わることもあります。歯の大きさや噛み合わせの状態によっては詰め物ではなく、被せ物(クラウン)による治療となることもあります。

1167.jpg 

根の治療

ムシ歯が神経のある歯髄まで進行し、痛みがでたり、神経が死んで感染をおこした場合になわれる治療を根の治療(根管治療)と言います。根管治療はとても複雑で治療に時間もかかります。

1167.jpg 

 

補綴

歯冠や歯の欠損を、義歯、クラウン、ブリッジなどの人工物を用いて修復することをいいます。コンポジットレジン、金属冠、セラミックのほか、ジルコニアクラウンなど、歯牙のデータをコンピュータ入力し、補綴物を製作できるようになっています。早めに治療を始めた方が治療期間も短く、予後も良いものです。

 

保険の補綴物の種類

支台

歯の欠損が大きく、そのままではクラウン(被せ物)を被せられない場合に、支台(コア)で欠損した部分を補う必要があります。

 

 

インレー

虫歯が小さい場合、詰め物(インレー)を詰めるだけで治療を終わることもあります。
1,500円ぐらい(3割負担で)

1167.jpg

クラウン

奥歯の比較的大きな虫歯を治療した後、歯牙全体を被せたものです。
3,200円ぐらい(3割負担で)

 

 

硬質レジンジャケット冠

中身は金銀パラジウム合金で、前から見える部分にのみレジンが貼り付けられているクラウン(差し歯)です。保険で前歯のクラウンを作る場合には、ほとんどの場合この硬質レジン前装冠になります。時間が経つと段々変色してくるという欠点があります。
一本5,000円ほど(3割負担で)

1167.jpg

CAD,CAM冠

014年4月より「CAD/CAM冠」として保険適用になりました。コンピュータを利用して模型の計測、歯冠形態の設計を行い(CAD)、加工機でハイブリッドレジンブロックを削り出して冠を作製するもので白い色をしています。小臼歯のみ保険適用になります。
5,000円ほど(3割負担で)

 

硬質レジン前装冠

中身は金銀パラジウム合金で、前から見える部分にのみレジンが貼り付けられているクラウン(差し歯)です。保険で前歯のクラウンを作る場合には、ほとんどの場合この硬質レジン前装冠になります。時間が経つと段々変色してくるという欠点があります。
一本5,000円ほど(3割負担で)

1167cadcam.jpg

ブリッジ

ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように入れて欠損部分を回復するものです。前歯、奥歯とも適応になります。ブリッジは、見た目、機能的な回復も良好なため、保険治療の場合にはまずブリッジが可能かどうかを検討し、ブリッジが適用出来ない場合には部分入れ歯になります。

 

 

1167.jpg

部分入れ歯

歯が抜けてしまい、ブリッジの適応とならない場合には、部分入れ歯による治療になります。保険治療の場合は金属の針金「クラスプ」が付いたタイプの部分入れ歯になりますが、保険外治療の場合にはクラスプが付いていないタイプのものなどもあります。
6~7,000円ほど(3割負担で)

 

総義歯

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療になります。健康保険適応の総入れ歯はプラスチックからできています。
8~9,000円ほど(3割負担で)

1167.jpg